ミニチュアウィッカーチェア(籐椅子)2個目失敗の覚え書き

 

友人バンドのライブフライヤー用に描かせてもらってたイラストが描き終わって、中途半端になってた二つ目のミニチュアウィッカーチェア(籐椅子)も完成させた。

完成させた…が、今回も失敗… orz

 

という訳で、今回はそのあたりのこと。

 

試したこととか変更点とか

まず、一個目の作成記録はこれ↓

 

 

今回は「お試し」みたいな部分もあったので、失敗というよりは「これはダメだな」的な結果報告、的な感じかな。

 

試してみたかったのは芯となるワイヤーの太さと、使う紐。

ワイヤーは前回細いものを2本によって利用したけど、今回はよらずに同程度の太さのもの1本に変更。

紐は前回のロウビキがちょっと細いと感じたのと、ちょっと蝋が強い感じがして、べたつきが嫌な部分もあったので、今回はヘンプ紐で試してみた。

結果はワイヤーもヘンプも太すぎた。

 

まず、ヘンプで編むのは編み目もしっかり見えることは見えるんだけど、「藤」っぽさがない。

プラス、やっぱりちょっと太いので、同じ段数を編めずに無理に詰めて編みこんでしまったりもした。

編み目はしっかり見えると書いたものの、背もたれ部分の変則模様の部分は今いち映えないなあとも思った。

 

※以下クリックでデカい画像&スライド

ヘンプ紐で作ったミニチュア籐椅子 ヘンプ紐で作ったミニチュア籐椅子

 

ワイヤーに関しては、一本にしたものの、もっと細いものじゃないとダメ。

やっぱりフチの部分のカーブをうまく作れなくて、いびつになってしまった。

 

その他、今回は結構慎重に編んだつもりだったんだけど、1、2ヶ所編み間違いがあって、詰めて編んだ分間違った部分が目立つ…

ヘンプ紐で作ったミニチュア籐椅子 ヘンプ紐で作ったミニチュア籐椅子

 

そして今回も垂直すぎて座りづらい感じ…

ヘンプ紐で作ったミニチュア籐椅子 ヘンプ紐で作ったミニチュア籐椅子

という訳で今回も納得行くできにならなかったものの、2つ作ってみて自分なりに「ここはこうした方がいいんじゃね?」とか「この方がやりやすくね?」的な発見もあったので、次回はその辺を試してみようと思う。

と思うほどなかなかに楽しい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました