【ミニチュア籐椅子】初心に戻って?土台座面ありタイプを作ってみた話

 

しばらくの間座面自体を編みこむ方式ミニチュア籐椅子を作ってきて、前回の記事の形がようやく少しは納得できるものになった。

 

 

で、もうやりたくない、と思ってたのも束の間、あらためて最初に「ドールハウス教本」見ながら作ったような座面があるタイプを作ってみたくなった。

 

 

というのは、前回の記事でも書いたように、土台となる座面がないものを作るのはかなり難しかったので、今あらためて最初のタイプを作ったらすごい簡単に感じるんじゃないか?と思ったから。

 

という訳で今回はしっかりした土台ありの、基本的なミニチュア籐椅子関連の話。

 

土台があっても難しいは難しい…

で作ってみた結果、簡単に感じたかと言うと…あんまり変わらなかったw

 

もちろん「ドールハウス教本」通りではなくて、自分なりに変更してる部分が多々あって、一番最初に作ったものよりもレベル自体上がってるとは思うけど、難しさ自体はそれ程変わらない印象。

とは言え、やっぱり最初からしっかりした土台があるのはかなり楽ではあった。

 

という訳で、今回も作り方部分ははしょって、完成品(色付けてないけど)の画像を。

※以下クリックでデカい画像&スライド

ミニチュア籐椅子 ミニチュア籐椅子バック

ミニチュア籐椅子サイド ミニチュア籐椅子背面

 

「半」完成品である点として、色付けしてない他に、見ての通り座面が生木そのままということ。

 

ドールハウス教本」に従うならば、最初の頃に作った籐椅子のように、木のフチを三つ編みの紐で覆って、座面にはクッションを付ける。

ただ、座面編み上げタイプを作っていたのもあって、クッションは付け外し可能な方が良いような気がしたのと、生木の質感そのままでも結構オサレなんじゃないかなと思った。

 

なので、隠れる座面ではなくて、最初から「見せる座面」として木目の向きとか、外側にはみ出る部分を可能な限り少なくしてみるなど意識してみた。

ミニチュア籐椅子座面 ミニチュア籐椅子下から

 

イメージとしては土台をブラウン系のオイルステイン仕上げにして、編み込み部分をこげ茶にする感じ?にしたら、シンプルでかっこいいんじゃないかなと。

 

座面編み上げタイプとの比較。

ミニチュア籐椅子比較上から ミニチュア籐椅子比較前から

 

最初は神業と思ってた籐椅子作り

前回まで作っていた座面編み上げタイプは「ロッキングチェア」を目指してたものなので、下のアールした木の部分がないと低くてどっしりした見た目になる。

今回は最初から籐椅子としての作成なので、高さをますのと共に、ほんの少しだけ座面の幅を詰める&長くして、気持ちスマートにしてみた感じ。

 

という訳で、今回は初心に帰って…て訳じゃないけど、初期の頃の作り方で作ってみた。

 

どっちにしても、最初に「ドールハウス教本」で見た時は、「こんなの作るなんて人間業じゃない…」と思ってたのに、今では割とスムーズにできるし、色々工夫できる点を考えられる程にもなっている。

なんでもやれば慣れるもんだなあと実感。

 

基本的なミニチュア籐椅子の作り方は下の本を参考に (・∀・)/
ドールハウス教本vol.1 「パリの街角」 (亥辰舎BOOK ドールハウス教本 vol.1) | 小幡 耕一, 木下 幸子, 工藤 和代, 小島 隆雄, 関 美代子, 高橋 弘美, 辰已 惠, 環 みかこ, 土屋美保, 松宮 絵里子, 浅井潤一, 島野聡子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小幡 耕一, 木下 幸子, 工藤 和代, 小島 隆雄, 関 美代子, 高橋 弘美, 辰已 惠, 環 みかこ, 土屋美保, 松宮 絵里子, 浅井潤一, 島野聡子のドールハウス教本vol.1 「パリの街角」 (亥辰舎BOOK ドールハウス教本 vol.1)。アマゾンならポイント還元本が多数。小幡 耕一, 木下...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました