モノ作り系男親の血と、手元にやってきたNゲージ

 

アートっぽいものや、絵を描くことはおかんの方の血が濃く出てる部分かと思うけど、作る系の方はじいちゃんやおとんの血が濃く出てると思う。

 

じいちゃんは凄く器用な人で、大工仕事やら料理やら、何でも一人でできたし、おとんは実際に芝が生えてくるプラモやら、屋台のプラモやら、神輿の模型やら、Nゲージ(鉄道模型)やら、楊枝細工やら、ボトルシップやら、サントリーのダルマに紐巻きつけて作るダルマ人形やら、とにかく色んな物を作ってた。

 

中でも、ちゃんと芝が生えるジオラマ(農家だったかな?)のプラモやら、Nゲージやらは好きだった。

子供はそういう「動く」ギミックが好きだし、個人的には空想?妄想?がどんどん膨らんでいくのを感じた。

 

血は争えない

「作るのが好き」というじいちゃんやおとんの影響以外に、おとんからは集める、コレクションする、みたいな資質?特徴?も色濃く引き継いだ気がする。

ガチャや本もそれをモロに反映してる感じで、まず本から入る、的に本が増えて、その後ものが増えていく。

 

この記事で紹介したみたいに、そろそろ限界(とっくに超えてる気も…)

クリックでデカい画像&スライド

ガチャポンケース 本棚

 

で、実はガチャケースの一番下にはおとんのバスや電車(自分の所で飾りきれなくなったらしい)が並んでいたり、

バスミニカーと電車模型 バスミニカーと電車模型

 

本もいっぱいある。
取敢えず「資料」には事欠かずに済みそうだが…

鉄道模型関連の書籍 鉄道模型関連の書籍

 

中でもこの2冊はお気に入り♪

日本のTopレイアウト レイアウトごころを誘うもの

Nゲージ引退?

おとんがNゲージをやってたのは自分が幼少期の一時期で、その後上で書いたように色んな物を作ってたんだけど、仕事を退職してから、何もせずにテレビばかり見てる日々が続いた。

 

見かねて、ボケ防止も兼ねて誕生日プレゼントに簡単なNゲージのセットをプレゼントして、それからまた少しやるようになった。

今あるものはその時に買ったり、集めたりしたもの。

 

その時にジオラマを2、3個作って、近くの学校の文化祭とかにも出してたんだけど、最近はまたやらなくなってしまって、またテレビばかり見てる。

 

どうやらもう売ってしまおうかと考えてるようで、「お前オークションとかできるの?」とか聞いてくる。

という訳で、取敢えずNゲージ関連のものを確保(面倒になって捨てられても後の祭りだし…)した。

 

ヤフオクはやるけど、売る気は今のところない。

と言うのは、

「もうやめちゃうの?なんで?」

と聞いた時、

「もうやってもしょうがない」

という答えが返ってきた。

 

それがどういう意味なのかはツッコんで聞かなかったけど、「もう老い先短いし…」みたいな雰囲気も少しだけ感じて、なんかちょっと寂しかったからだ。

なので、ちょっとしたものでも作って、今度はこっちから影響を与えてみようかとかも考えてたりもする。

 

ジオラマの魅力と「ハードルの高さ」

ジオラマはやっぱり空想、妄想入り乱れる夢の世界だと思うし、ガンプラはじめ、キャラモノを子供の頃よく作った。

 

そういうジオラマは作らなくなってしまったけど、やっぱりそういう「匂い」のするものが好きで、色々本を買ってしまうw
(どれもしびれる内容で、一冊づつ紹介してたら全然終わらないので、取敢えず表紙だけw)

 

芳賀一洋「箱の中のパリ」 ランドスケープ・クリエイション

↑芳賀一洋さんの作品集とHow-toが詳しく載ってるランドスケープクリエイション」

 

DIORAMA WORLD ドールハウス教本

↑ミリタリ系のジオラマ作品集とドールハウス教材とか

 

インテリア模型製作 建築模型の作り方と設計への活用

↑TVチャンピオンで優勝した方の本と建築模型の専門書とかも

 

凄い!ジオラマ PAPER MUSEUM

↑もちろんアラーキー氏の本とか、ちょっと変わったところで、紙の情景作品。こちらもTVチャンピオンの優勝者の方の作品集

 

「空回りする作りたい願望」を正常回転に戻そうと思った時に、最初に思いついたのはやっぱり情景もののジオラマだった。

 

そして情景モノのジオとなると、やっぱり鉄道模型やミリタリー系のものが花形だと思うんだけど、そこにはある種の「ハードル」みたいなものを感じてしまう部分がある。

 

情景として、風景として美しいなと、作ってみたいなと思うんだけど、電車や鉄道自体のこととか、戦車、戦争のこととかが全然分からないので、やたらに手を出せない雰囲気を感じてしまうのだ。

 

それって「ここにこれはないでしょう…」みたいな、分かる人には分かる「イタさ」だったり、場合によっては怒りを買ってしまう場合もある気がして、ちょっと気後れする感じ?

 

でも山田卓司さんはもちろん、最近はアラーキーさんも人気なので、そっち系がいいかなと思ったり、ガチャとかもミニヴィネットみたいなジオラマベースの方がかっこいいしとか、でもやっぱり電車が走るギミックも捨てがたいよなとか、

作る以前に、ここですでに空想やら妄想やらがはじまってしまって、全然前に進まないというマヌケぶり…orz

 

でも考えてるだけも楽しかったりもw

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました