【ミニチュア籐椅子】新作は木目座面とちょびっとゴシック?な感じw

 

相変わらず色々とやることがあって気がついたら一ヶ月以上更新してないという…

で色々とある中ながら「ちまちま作業」はやっていて、集中できる時間が結構癒やしになってるのか?とか思ったりする。

 

そんな訳で、ミニチュア籐椅子の新作の紹介。

今回はよく散歩に行く公園に持っていってお天道様の下で写真撮ってみた。

 

ステイン仕上げの座面と極細ロウビキ糸で編み込み

今回作ってみたタイプは、以前「初心に戻って」作成してみた座面が木の基本タイプで、これまた以前思ったステイン仕上げの木で作ってみたタイプ。

 

 

ミニチュア籐椅子新作

 

ミニチュアラタンチェア新作

 

ミニチュア籐椅子木目座面

 

もうちょっと厚い板の方が良かったかなぁと思いつつ、まあ、まあ。

 

で、今回はいつものような紙をこよって糸状にして編んだものと違って、ロウビキの糸を使ってる。

ようやく細い丸紐タイプのロウビキ糸を見つけられたので、それで編んでみた。

 

こより作業がないだけでめっちゃ作業が捗るw

それもあって、最近はごくシンプルな作品ばかり作ってたけど、ほんのちょっとだけゴシックテイスト?を入れてみた。
(こんなんでゴシックと言えるのか分からんが… (;・∀・))

 

実はこれの前に一つ作っていて、フチの丸めた部分がちょっと気に食わなかった。

それを踏まえてこの作品を作ってみたんだけど、やっぱりちょっと上手くいかなかったので、黒いロー引きでマクラメでは基本?の「平結び」した別パーツを貼って隠してみた。

 

アクセント的になってくれたらいいかな?と思ったんだけど、まあ、まあ。

 

ミニチュア籐椅子+まくらめ

 

という訳で今回も 1/12 ドールハウスサイズのボディ君を座らせてみた。

 

ミニチュア籐椅子+ボディくん

 

ミニチュアラタンチェア+ボディくん

 

新しいタイプということで、またまた課題が色々と出てきてしまったものの、可能性も色々と見えてきて、これはこれで面白いかなと思ったのでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました