今さらながら見まね&ちょいカスタムでマスク作ってみた話

 

お国からマスクが2枚も配布されるそうだけどまだ届かないし、もう出てくるだろもう出てくるだろ、と思ってても全然店頭にはマスク出てこない。

 

で、巷ではドラッグストアに行列してマスクを購入するそうで、チラッと見たテレビ番組で、並んだ人にインタビューをしてた。

「会社休みました!家族のためだからがんばります!」

…って、うぅむ、それってどうなの?

がんばり方も色々

確かに家族のためにお父さんがんばってると思う。

 

でもわざわざ並んで、しかも高いマスク買うことあるのか?とか思ってしまった。

もちろんマスク必要だけど、そこまで正規品にこだわる必要もないのでは?みたいな。

まぁウイルスが完全にシャットアウトできる良質のマスクならそりゃ欲しいけど、今はそんな良いマスク手に入らなそうだし、だとしたら飛沫が防げるものである程度しのげれば十分では?と。

 

今はYouTubeとかでもマスクの作り方とかいっぱい上がってるし、それ見て家族分のマスク作る!ってがんばり方もありなのでは?

最悪自分で作ればいいって思えば、それほど不安がったり腹立てたりもしないで済むとも思うし。

 

へんな話、もし万が一トイレットペーパーがなくなったって、新聞紙で良くね?

クシャクシャしてればやわらかくなるし、ゴミ箱置いといてお尻拭いたらそれに入れて、燃えるゴミで出せば。

なんか、なんでもかんでも焦って手に入れようとするけど、別に大丈夫だよ、なんとかなるって。

キッチンペーパーマスク作り

という訳で、ちょっと話がそれたけど、お約束?のキッチンペーパーを使ったマスクを作ってみた。

 

100円ローソンとかダイソーとかで適当に用意してみた材料

自作マスク材料

でもこの材料もなかなか手に入りにくくなってるのも多分事実。

特にガーゼとか、あんまり見ないと思う。
タイミング良く見つけた時に買っておいた。

 

で、作る上でいくつか動画を見てみて、取り敢えず参考にさせて頂いたのは下の動画 ありがたい。

(出典:YouTube sunshine channel サンシャインチャンネル

 

まずはこの動画のまま作ってみた。
上が普通の市販の使い捨てマスク、下が今回作ったもの。

市販使い捨てマスクと自作マスク

 

違う点としては、マスキングテープではなくて「サージカルテープ」ってやつで作ってる。

サージカルテープ

 

白だけだと見た目もそれほど違わないし、強度も十分にある。

ただ、ペーパーにもよるのかもしれないけど、今回のペーパーだと2枚重ねだと結構ごわつくのと、ちょっと苦しい、そしてちょっと面倒くさかった。

 

ので、1枚に変更して、他の人の動画で見たアイデア等を組み合わせて、ちょいカスタムしてみた。

1枚のペーパーの端を折ってテープで張り、そのままジャバラに折って両サイドもテープで貼って、1枚のキッチンペーパーでマスクを完成させる。

キッチンペーパー自作マスク1 キッチンペーパー自作マスク2

キッチンペーパー自作マスク3 キッチンペーパー自作マスク4

 

で、さすがに1枚だと心もとないので、口と鼻に当たる部分に補強を入れる。

利用するのは「お茶パック」とガーゼ。

使い捨てお茶パック ダイソーガーゼ

 

このお茶パックにガーゼを仕込んでマスクに貼る戦法。

お茶パック&ガーゼ 自作使い捨てマスク

 

マスクの上端にだけ貼って、ジャバラを開けるように、&開いても鼻と口元にくるようにする。

自作キッチンペーパーマスク

 

一応、ガーゼだけを取り替えられるように、お茶パックの開き口を下向きに貼ったけど、たくさん作るようならガーゼだけ取ってポイポイ捨ててしまってもいい。

一応補強のために表側のサイドにもサージカルテープを貼ってみたけど、これもいらないかも。

自作使い捨てペーパーマスク

 

装着するとこんな感じ。(自主規制)
ちょっとセルっぽいな(by ドラゴンボール)

自作マスク装着状態

 

メガネが曇らないマスク作り

今度はメガネが曇らないようにノーズワイヤー?ノーズフィッター?を入れる作戦。

 

実はコンタクトからメガネに変えてから、このメガネの曇りが全然解消できなくて、ほぼマスクすることがなくなった。

ノーズフィッターでフィットさせても全然駄目で、結局どうしても付けなくちゃならない時は鼻を隠せずにいた。

 

で、普通の使い捨てマスクの時に色々試してみて、解決策はやっぱり、ちゃんとフィットしていないことが原因ということが分かった。

市販の使い捨てマスクのノーズワイヤーを抜いて、銅線を使ってみたらみごとに曇らずに解決できた。

 

なので今回も銅線を使ってノーズフィッターを作ってみた。

クラフターなら常備してる?だろう銅線。

銅線

市販の使い捨てマスクに入ってるノーズワイヤーと同じくらいにカット

ノーズワイヤーと銅線

 

鼻に当たる部分に仕込んで、もう一回折ってテープで貼る

ノーズフィッター ノーズフィッター装着

 

後は同じ様に作る。
今回は表サイドのサージカルテープはなし。
シンプル・イズ・ベスト

自作キッチンペーパーマスク

自作使い捨てペーパーマスク

 

銅線自体はすごいやわらかいものだけど、マスクくらいなら十分に強度を発揮する。

ノーズフィッター付き自作マスク

 

装着するとかなりのフィット感。(自主規制)

ノーズフィッターマスク装着

 

と、これフィット感は抜群なんだけど、このキッチンペーパーマスクだとメガネ曇ってしまった…

そのへんはやっぱり素材の違いなんだろうか。

この作戦は市販の使い捨てマスクでしか通用しない… orz

慣れれば楽チン

という訳で、今回はキッチンペーパーでマスクを作ってみたお話。

最初は慣れないので色々考えながらでちょっと時間かかるけど、慣れれば1枚10分もあれば余裕でできるし、色々自分好みに改良もできると思う。

マスク買うために何時間も並んでるよりも楽しいと思うし、安上がりだしいいんじゃないかなぁと思った次第。

 

ただ、メガネは曇るので、別のカスタマイズが必要…
(;・∀・)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました