お裁縫ド素人が手縫いマスクを自作してみた話 その1

 

前回の記事でキッチンペーパーを使った使い捨てマスクを作った経緯を書いた。

 

 

その時にYouTubeで色々と動画を見て回っていて、手縫い、というかミシンを使って作る自作マスクの紹介動画もたくさん見た。

という訳で、今回は手縫いマスクを作ってみた話を書いてみる。

ミシンもアイロンも使えないんだけども…

最初に動画を見てた段階では、手縫いマスクはありえないと思ってた。

というのは、やっぱりお裁縫ド素人で、ミシンなんて使ったこともないし、アイロンを使って折り目をつける、みたいなのがよく出てきてたけど、アイロンすら使ったことがないくらいなので…。

 

でも確かに洗って使うマスクがいいのは確かだよなと思ってて、動画を見てるうちに、できないことはないかな?と思いはじめたのもあって、じゃあ作ってみようと。

 

結果からいうと、2種類作ってみたんだけど、ミシンを使わなくても、手縫いでできることはできるし、やるほどに慣れてくるので、どんどん上手くなっていく印象。

アイロンはもちろん全然平気w

 

今回は2種類作ったマスクの1つ目の作成経緯を書いてみる。

とにかくお裁縫に関してはド素人。

「手縫い」という部分に関しては、だいぶ前に「革細工キット」みたいなもので小銭入れみたいなものを作ったことがあるけど、皮細工の縫い方はまた別ものと言っていい気がするので、布を縫うという点に関してはほぼ経験なし、といった感じ。

 

手縫い自作マスクの作成経緯

今回参考にさせていただいた動画はこれ↓

(出典:YouTube つれづれリメイク日和

「縫うぞ」と覚悟?はできたものの、簡単なのにこしたことはないので、なるべく手順の少なそうなものってことで。

 

使う布は古い夏服シャツを切って使うことにした。

特に細かいことは何も考えずにいたけど、結論から言うと、これはかなり薄かった…

手縫い自作マスク用ハギレ

 

作り方としてはほぼ動画通りなんだけど、コメント欄を参考に少しだけ違う。

まず折るのはコメントにあった様に、真ん中で折ってポケット状にする形にして、そこにガーゼを入れられるようにしようかなと。

なので真ん中で半分に折って、一応フチ部分もホツレ防止に折り、次に四隅を6センチずつ折る。
アイロンを使うと確かにしっかり折れていい。

手縫い自作マスク作成1 手縫い自作マスク作成2

 

今度は端から5センチで折る。
上下折って画像のような形に。

手縫い自作マスク作成3

 

短辺の端を折って、ゴム通しを作る。
一度折ってからさらに折って、小さい三角ができるくらいに。

手縫いマスクゴム通し作成1 手縫いマスクゴム通し作成2

 

マチ針とかは当然持ってないので、取り敢えずあるもので固定。

手縫いマスククリップ代用1 手縫いマスククリップ代用2

 

後はクリップの端のラインに沿ってと、長辺の端部分から2、3ミリくらいあけてチクチク縫う。
ラインとかガタガタなんだけども…

手縫い自作マスク縫い目1

手縫い自作マスク縫い目2

 

耳にかけるゴムひもは30センチくらい。

手縫い自作マスク用ゴム紐

 

通して結んだら結び目を隠してできあがり。簡単。

手縫い自作マスク耳かけ1 手縫い自作マスク耳かけ2

 

でこれを開くと下の画像のように、真ん中に口ができるので、そこに前回の記事でも登場したガーゼを仕込む。

手縫い自作マスクポケット

今回は2枚入れてみた。

手縫い自作マスクとガーゼ

手縫いマスクガーゼ入れポケット

 

装着するとこんな感じ(今回も自主規制)

手縫い自作マスク装着図

 

今回は取り敢えずやってみようってことで、布もペラペラでしょぼかったんだけど、これはこれで使えないことはないか?と思ったのと、この一つだけでも結構慣れたので、ちょっと自信はついた感じ。

 

という訳で、今回は2種類作ってみた手縫いマスクの1作目の作成経緯を書いてみた。

次回は2作目の作成経緯を書いてみる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました