上見たり下見たり忙しい春の散歩の話

色んなものが動き出す感覚の季節は心地がよい

早朝散歩には厳しい季節が終わって、最近はありがたい陽気だ。

あかねさんもすこぶる元気である。

 

ちょい前の桜の時期は上を見上げて歩いていたけど、犬の散歩は基本下を見て歩くので、自然と下に注意が向く。

あかねさんがくいもんに目がないので、拾い食いをしないようにってのもあるんだが…

 

まあ、さすがにもう怒られるのを分かってるので、不意に何かを口にしてしまっても「コ…」(「コラッ!!」のコ)で ( ゚д゚)ハッ! と気付いてペッと吐き出すんだけど、うっかりするとお互いにタイミングを逃す時がある。

 

あかね 「( ゚д゚)ハッ! 口入れちゃった!」
オレ  「( ゚д゚)ハッ! 怒るタイミング逃した!」

 

みたいな?
そしてお互いなんか調子狂う、みたいなw

 

そんな感じでおかしな散歩をしている訳だが。

散った桜の上に「ふんぬー!」とウ○チしたり…

犬うんち姿

 

なんかコントラストがキレイな街路樹の植え込みでパチリしたり…

赤い花と白い犬

 

まだまだ咲き誇ってる桜の前でパチリしたり…

桜と犬

 

…と思って下見たら、「え!?つくし!?こんなところに!?」とびっくりしたり…

街路樹のつくし

 

たんぽぽの赤ちゃん?にちっさい綿毛が生えていたり…

たんぽぽの赤ちゃん

 

と夏前、いやその前に、梅雨前に、いい季節な感じで調度心地良い。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました