バンド『DOLL$BOXX』と『GacharicSpin』&『アンジェリーナ1/3』の衝撃!

当ブログはプロモーションが含まれています

前回、前々回と「デスボ女子」絡みのことを書いた。

今回はデスボイス中心という訳じゃなく、でもデスボイスがめちゃくちゃ魅力的な曲とか、さらにデスボ全然関係なく、単純にカッコイイガールズバンドのことに触れてみようかなと。

 

ということで、今回は『GacharicSpin』と『DOLL$BOXX』というバンドのこと。

 

スポンサーリンク

『DOLL$BOXX』と『GacharicSpin』の衝撃!

前回、前々回の記事で『花冷え。』、『PassCode』『LADYBABY』とデスボ女子中心というか、『有馬えみり』ちゃん絡みからの記事を書いた。

 

前々回の記事で書いたように、今回のタイミングであらためて「デスボ女子」やデスボイスのVoがいるバンドとかを探して、『花冷え。』や『PassCode』はじめ現在活動中のバンドやグループの他、『LADYBABY』のように現在は活動停止や解散してしまってるバンドやグループもいくつか見つけた。

そんな中で、めちゃくちゃかっこ良くて、見つけてソッコーTwitterで紹介したのが下のMVなので、まずはご覧あれ!

 

Take My Chance/DOLL$BOXX

(出典:YouTube KING RECORDS

 

「ソッコー」と言ってもMV自体すでに10年前のものというミュージッククリップなんだけど、『DOLL$BOXX』というバンドについてなんの予備知識もないままとりあえず見てみたら、衝撃的にカッコ良かったのでTwitterで紹介したという経緯。

 

MVのはじまり方がこれ(笑)だったので、どんなんか全然想像できなかったんだけど、曲がはじまるやこの5人の歌とバスドラがめっちゃ気持ちいい半アカペラ、さらにドラムの女性が畳み掛けるデスボイスのシャウト!

このスタードダッシュ感というか、掴みがすごくね!?
マンガとかアニメだったら胸元辺りにドーン!と手突っ込まれて直接心臓ギュウ~!ってやられるくらいの掴み感じゃね!?って感じw

もう、最初っから全身トリハダ立って

 

しびれ太
しびれ太

うおぉぉ!!なんだこれ!カッケー!!

 

って衝撃!

オタク君たちがのけぞってド肝抜かれて固まるるのもよく分かるよ!!w

 

で、曲がはじまってチョッパー見た瞬間に「アレ!?」と思った。

というのは、この『DOLL$BOXX』のMVの前に『Gacharic Spin』のMV(後述)を見てて、これまた

 

しびれ太
しびれ太

おぉー!スゲー!カッケー!

 

と衝撃的だったので、もしや同一人物じゃないか?と思ったから。

 

そこで wiki:DOLL$BOXXを見てみたら、案の定この超絶スラッパーは『Gacharic Spin』の『FチョッパーKOGA』というベーシストで、それどころかボーカルの『Fuki』以外は、ギター、ドラム、キーボードとも『Gacharic Spin』のメンバーだった。

これについて今度は wiki:GacharicSpinを見てみると、以下のようにある。

 

「以前、対バンをしたことから交流のあった「LIGHT BRINGER」のボーカリスト・Fukiがサポートボーカルとして参加したことが、きっかけとなりサイドプロジェクト「DOLL$BOXX」を結成 」
(出典:wiki GacharicSpin

 

サイドプロジェクトということで『DOLL$BOXX』としては残念ながらアルバムとミニアルバムを1枚ずつリリースして、2018年ころには活動は停止した?模様。

このフィギュア欲しい!w(・∀・)

DOLLS APARTMENT
DOLLS APARTMENT
キングレコード :DOLL$BOXX
ガールズ・ロック・バンド、ガチャリック・スピンと嬢メタルのシーンをリードするライトブリンガーのFuki(Vo)の奇跡のコラボレーションが実現したガールズ最強バンド、ドールズ・ボックス(略称:ドル箱)のデビュー・アルバム!

 

『DOLL$BOXX』のVo.『Fuki』の活動

ボーカル以外のメンバーはそのまま『Gacharic Spin』で活動してるようだけど、ボーカルの『Fuki』は最も最近の活動としては『ドゲンジャーズ』なるご当地ヒーローの主題歌を担当してる模様。

[公式]ドゲンジャーズ メトロポリス オープニング

(出典:YouTube (株) 悪の秘密結社 YouTube Official

 

その他には(というかこっちが主なのかな?)ソロとしての活動や『Unlucky Morpheus』というバンドで活動してるようで、声を聞くと『Take My Chance』の時よりも艶やかさがさらに増してる気がするし、この『Unlucky Morpheus』(通称は「あんきも」だそうw)というバンドが現代風のメタルっぽさがありつつ様式美的ヘヴィメタルの懐かしさもあって、これまたかっこいいので好きな人にはオススメ!

 

Fuki『絶戒のJuliet』MUSIC VIDEO

(出典:YouTube FABTONE Inc.

『絶戒のJuliet』は『Million Scarlets』に収録(・∀・)b

 

[Official Video] Unlucky Morpheus – 「アマリリス」

(出典:YouTube Unlucky Morpheus official

『アマリリス』はアルバム『evolution』に収録(・∀・)b
アーティスト:Unlucky Morpheus, アーティスト:アンラッキー・モルフェウス, アーティスト:アンラッキーモルフェウス

 

アニソン歌ったらドはまりしそうだし、とにかく歌声が気持ちいい♪

 

『GacharicSpin』と『アンジェリーナ1/3』の衝撃!

一方、『Gacharic Spin』の最新のミュージッククリップは下の曲。

 

『Gacharic Spin – カチカチ山 (Official Music Video)』

(出典:YouTube Gacharic Spin【ガチャっとTV】

 

おいおい、なんだよこれ… (;・∀・)

ほぼほぼ演出、小細工なしでメンバーと曲の魅力だけで畳み掛けるMV、それでこれだけかっこ良くてしびれるって、もう最強でしょ…

この『Gacharic Spin』というバンド、wiki を参照すると活動は2009年スタートということで、15年弱のベテランバンドなんだけど、恥ずかしながら全然知らなかった… orz

反省しつつも、知らずに死なずにほんとに良かった 笑

 

『カチカチ山』は移籍第一弾アルバム『W』に収録!
【Amazon.co.jp限定】W (初回限定盤) (特典:直筆サイン入りポストカード付)
【Amazon.co.jp限定】W (初回限定盤) (特典:直筆サイン入りポストカード付)
日本クラウン :Gacharic Spin
リーダーのF チョッパー KOGA(Bass) をはじめ、はな(Vocal)、アンジェリーナ1/3(Mic Performer)、TOMO-ZO(Guitar)、オレオレオナ(Keyboards)、yuri(Drums)の6人からなる超攻撃的&ド派手なガールズバンド。Gacharic Spinの移籍第一弾アルバム!
初回限定盤は、Blu-ray付き。

 

で、wiki の略歴を読んでるだけでも、なるほどこの超絶スキルやプロフェッショナル感に納得できるだけの場数を踏んでる感じで、ライブは超楽しいだろうと容易に想像できるし、それがさらにバンドを強力にしていくサイクルがよく分かる。

メンバーそれぞれのとんでもない演奏スキルはもちろん、個性的なキャラクターが一つにまとまる絶大な存在感は唯一無二な感じ。

 

そして驚くべきは2019年からという新メンバーの『アンジェリーナ1/3』という存在。

2019年2月9日 FCイベントにて、新メンバーにステージ経験のない17歳の女子高生 “アンジェリーナ1/3″(マイクパフォーマー)の加入を発表。
(出典:wiki GacharicSpin

 

はじめて見たガチャピンのミュージッククリップが下のMVだったんだけど、これだけの強力なメンバーに全然引けを取らないどころか、むしろ引っ張るほどのカリスマ性がとんでもない…。

この曲がリリースされたのが2021年ってことなので、19歳?…
若干二十歳でこれだけのツワモノメンバーを食っちゃいそうな存在感… (;´∀`)

 

『Gacharic Spin「MindSet」』

(出典:YouTube Gacharic Spin【ガチャっとTV】

 

このMVのカッコ良さにド肝を抜かれ、他の動画で “素” のアンジーを見て、そのギャップというか、スイッチのオン/オフっぷりというか、これだけ歌いきる?演じきる?力量にさらにド肝を抜かれた。

いや、ほんとすごいわ。
この辺はもう、天性の才能みたいなもんじゃないのかね?
もう恐ろしいくらい。

 

『MindSet』はアルバムメジャー5thオリジナルアルバムに収録!(・∀・)

アーティスト:Gacharic Spin :ガールズバンド“Gacharic Spin”、バンド名を冠した初のメンバーセルフプロデュースアルバム完成!初のメンバーセルフプロデュース作品で、メンバーのテクニカルかつ個性が際立つ魅力満載の1枚。

 

『Gacharic Spin』は世界に誇れるバンド!

という訳で、今回は「聞かずに死ねるか!」的なとんでもない超絶バンド『Gacharic Spin』と、ミラクルなサイドプロジェクトバンド『DOLL$BOXX』について書いてみた。

 

残念ながら『DOLL$BOXX』はすでに活動停止してしまってるものの、その分ガチャピンに全力投球とも言える訳で、元々のファンはもちろん、自分の様なにわかファンも喜ばしいことだと思う。

 

これだけすごいバンドを今まで全然知らずにいたってのがなんとももったいない話なんだけども、とにかくこのタイミングで知れたのを良しとして、そしてこのタイミングでネットの片隅ででも書けることを良しとして、この場を使ってみた。

 

前回、前々回の記事で取り上げた『PassCode』や『LADYBABY』も迷走っぷりがすごかったんだけど、このガチャピン、『Gacharic Spin』も負けず劣らず、どころか一番かもしれない。

ただ、『F チョッパー KOGA』曰く、「今の6人が第5期の最終形態」と言ってるだけに、それだけバンドも成熟して、もちろん自信もあるんだと思う。

 

『Gacharic Spin – ガチャヒストリー (Gacharic Spin History) @ New Revolution~最終章の始まり~』

(出典:YouTube Gacharic Spin【ガチャっとTV】

 

語彙力不足にもどかしさを感じつつ、思いっきりカッコ良さを伝えてみたんだけど、そんな駄文より何よりとにかくMVを見れば一目瞭然!

 

「日本が世界に誇るバンド」と言っても言い過ぎでもなんでもない。

 

上の「ガチャヒストリー」の動画で泣いたら、これからガンガン応援しちまおう!ってことで。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました